応援してください!!

これまで、応援金をご寄附をくださった皆様、誠にありがとうございます。

厩舎前にカンパ箱を設置しています。(バーバパパ貯金箱です)
 ※送金口座も記載していますm(_ _)m

●4頭の馬たちにかかる1ヶ月の経費● 約11万円
(家賃や光熱費、調教
費、馬に乗るための道具代、馬糞を運ぶ軽トラの車検代等は除いています)

餌代 約50000円
ワクチン等の獣医代 15000円
装蹄、削蹄代など  20000円
馬のための
消耗品代 20000円
(餌入れ・馬の服・薬・おやつ等を月平均に)
道具代(掃除道具など)5000円

上記は、馬の事業をおこなうための経費ではなく、単に馬を飼育する場合に必要な経費です。
切り詰めてる方だとも思いますが・・・

2013年、高齢馬で脚を故障したウィンダム(1992年生まれ)を、2014年飼い主さんが亡くなられてしまったミニチュアホースのマンボ(2009年生まれ)を引き取り2014年から2016年までふれあいイベントを久万高原町二名地区にて開催しました。馬糞を使った農作物を作り、ウィンダムの体調を見ながらより本格的な地域おこしのためにも将来は簡単な乗馬教室等もできるように、現在は飼い主の乗馬技能スキルアップに励んでおりましたが、2016年ウィンダムが亡くなり、しばらくはマンボ1頭にて各地のイベントへ出張し、2017年12月 高知県あしずりダディ牧場よりアパルーサのアルファーを引き取り再び地域おこしとしての馬とのふれあいイベントを再び久万高原町にてスタート。元々は高齢馬ウィンダムの余生だけのつもりだったこともありましたが、想像以上の反響等もあり、地域おこしとして馬と共に久万高原町を盛り上げていく決意をし、2019年に『久万うま笑顔プロジェクト』を発表し、漠然と頭の中にあったやりたいことを明確化し、皆様に伝えていく活動もスタートしました。現在も理想的な馬を飼育する環境を整えるために奮闘中です。とにかく馬を飼育するには広い場所が必要で、安全生の確保や近隣の方々のご理解ご協力が必要で、且つ馬の飼育には経費もかさみます。加えて調教代や自分の資格取得の費用等は自分の貯金でまかなってまいりましたが、新型コロナウィルスの蔓延等の予期せぬ事態もあり、事業としては足踏みせざるを得ない状況が続いております。

 ●おやつあげ体験等は任意の寄付金の返礼とさせていただき、すべて馬の餌代にしています。
 ●皆様からのご寄付もお願い申し上げます。

 今後馬の事業をやっていく上でお自分のスキルアップとしても、B級ライセンス取得に加え日本体育協会、スポーツ少年団を立ち上げたく公認指導者としてコーチ1取得のための数年間に及ぶ馬術技術向上、馬の調教等でも自分の貯金より先行投資して参りました。2021年夏、コーチ1取得のための共通講座を受けていて、競泳と馬術でコーチ1を取得予定です。(共に実技は資格を得ています)

支援等していただける方がおられましたら、何卒お願い申し上げます。

競泳と馬術でのスポーツ少年団の立ち上げ等も検討しており、地域の子供達が生涯たのしめるスポーツを身近に学べるような環境を提供できればと考えています。ご理解、ご協力をお願い申し上げます。また、会社の福利厚生として乗馬を使っていただけます企業様がおられましたら、ぜひお願い申し上げます。

これまで、ご寄附をいただいた皆様、ありがとうございます。

 応援金・寄付金の送金先

 銀行名:ゆうちょ銀行  店名:618(ろくいちはち) 店番:618
 口座番号:1573260  なまえ:フタガミ アイ
 (記号16160 番号15732601)

●ご寄付は、直接ご訪問時、または、上記口座へお振込みください。
 振り込み後はお問い合わせフォームより、
ご報告ください。


●馬を引き取ってから今日までの歩み

2013年10月 ウィンダムを引き取る、松山の民家の納屋を馬小屋に改装

2014年3月 久万高原町の古民家の納屋を改装しウィンダムの馬小屋に。

2t車を馬運車に改装、引っ越し。

2014年6月 第一回のふれあいイベント。(2016年1月まで合計9回)

2015年6月 後藤先生愛媛へ

2015年8月 ジャンプ練習開始

2015年10月 ローカル競技会参戦開始・・・なんとかゴール(^_^.)

2016年1月 久万高原警察 110番の日 イベントに参加

2016年2月 競技会前から入厩させていただいて練習。

2016年3月 競技会二度目の挑戦、低いクラス80cmですが優勝も。

2016年4月 乗馬検定3級挑戦、合格

2016年6月 競技会出場

2016年7月13日 ウィンダム立てなくなり、立たせる。

2016年7月25日 ウィンダム 永眠

2017年12月1日 アルファーを引き取る

2019年10月 クロ・シロを引き取る

2020年5月 第一種動物取扱い業 許可取得

2020年10月 久万高原ふるさと旅行村へ入村


2021年3月 競泳と馬術の公認コーチ1に関する実技合格

2021年4月 念願の馬耕イベント開催

2021年6月 乗馬セラピー・障害者のための乗馬サポーター養成勉強会のスタート

2021年8月 競泳元五輪選手 春名美佳さん久万高原町へ移住
(2大会連続ファイナリスト 馬、水泳、お年寄りが好きということで共通項多く、助けていただいています。)






馬達へのご支援ありがとうございます。

(餌や柵作り等の工事、放牧場等でご支援いただいています)

久万高原町二名地区の皆様

宮成組の皆様

ミート&デリカ 石田様

三坂峠へんろ宿 桃李庵様

青木農園様

石丸建設株式会社様

いやしのお宿八丁坂様

由良野の森 鷲野様

株式会社久万オートランド様

レストラン・モルゲン・ビアホール

カフェれすとらんこもれび様

高原茶屋みょうじん亭様

田村ファーム&フォレスト様

佐伯商店様

おがくず協力

有限会社池田建築ホーム様

家具屋あかとしろ様

西村ジョイ朝生田店様

家工房なつき様

明石市の南谷様、松山市の椚田様ご夫妻

東京都の藤田様、松山市の岡崎様、松山市の倉橋様

愛媛県農業指導班の皆様

久万高原町役場の皆様

馬関係

ミニミニファームMorii様、南予ふれあい乗馬クラブ様

エヒメ乗馬クラブ様あしずりダディ牧場様 上山牧場様

(寄付金ありがとうございます)企業お店の方のみこちらにご紹介いたします。

古民家カフェ和蔵一畳庵様 菊次郎カフェ様

その他、名乗らずにたくさんの方々がご支援くださっています。心より感謝申し上げます。